基礎知識2
【ゼオライトの吸着物質】
ゼオライトは活性炭のように吸着をしますが、環境条件により放出もありますので厳密な吸着物質にはなり得ませんが、そこはほれ、一般的にと言うのがありますので列挙します。(順不同)

吸着物質 概略
水素
窒素 水槽関連物質
ナトリウム
カルシウム 水槽関連物質
マグネシウム 水槽関連物質
カリウム 水槽関連物質
バリウム
アンモニア 水槽関連物質
アルコール
硫化水素 水槽関連物質
メチルメルカプタン
トリメチルアミン
炭酸ガス 水槽関連物質
その他・・・
(窒素・カリウム)
これについては肥料にもなりますが、
私の水槽経験不足でコメントできません。
(カルシウム・
   マグネシウム) 
通常水道水には含まれていて、水の硬度を左右する
物質ですが、水槽に適する硬度は特殊な動植物を除き
低い方が宜しようです。特に汲み置き水に使用した場合
の威力は絶大で、蒸散の激しい蓋無し水槽の場合の足
し水等には、カルシウムの蓄積が防止できると思います。
ちなみに、私が現在使用中の汲み置き水用ゼオライト3k
gは、既に30回程水道水を処理し、600Lを超えています
が、未だにGH5〜6の水道水20Lを1時間で0〜1まで下
げます。初期状態から減衰していないようです。
(アンモニア・
   硫化水素)
アンモニアは、特にお魚の糞に多量に存在しますが、濾材
中のバクテリアがそのほとんどを消化することにより、大き
な問題ではありませんが、ディスカスのベアタンク等では大
食漢と蛋白質系の餌による水の汚れにゼオライトが使われ
ているようです。硫化水素は主に食品業界では、うま味成分
であるアミノ酸中に存在する硫黄分等が、熱により一部分解
し、硫化水素に変化して独特の臭いを発生することは周知
の通りですが、水槽中での硫化水素発生は未確認です。
(炭酸ガス) これは水草にとって光と同様に主食となるほど不可欠の要
素ですが、前述の汲み置き水でテトラの試薬で測定した限
りでは、吸着はそれほどでもないようです。
- 水道水 初期値 18ml  1時間後 16ml でした。
- 水草水槽での炭酸ガス強制添加には特に問題にならないと考えます。


【ゼオライトの再生】
 5%前後の食塩水に数時間浸けた後、水洗いをして天日かフライパンで乾燥させれば
再使用可能と言うことが一般的のようです。
 また、250〜500度付近で焼成してもアンモニア、その他水分などが脱離し再生可能とあります。
700〜900度以上になると徐々にゼオライトの構造破壊が起き、クリストバル石になりその特性を失います。

陸地内に存在するゼオライトが海水と遭遇すると、直ちに反応し再生するなんて、自然とは本当に神秘的です。

基礎知識1
御影石,グラニット,大理石,御影石,グラニット,大理石,マーブル,ストーン,stone,石,砂岩,天然石材,玉砂利,砂利,化粧砂利,高級砂利,白川砂,那智黒,那智白,那智石,新白川砂,伊勢砂利,伊勢ごろた,伊勢五郎太,伊勢ゴロタ,ごろた,五郎太,ゴロタ,建築石材,土木石材,建築,土木,板石,スラブ,間知石,雑石,延石,縁石,中国石材輸入,中国石材輸出,中国貿易,乱張り,乱貼り,乱形,サークルストーン,灯篭,庭灯篭,CAD,図面,ゼオライト,湿気,湿度,調湿材,調理,グリル,庭石,ガーデニング,小物,石の置物,カラーストーン,オブジェ,表札,ペット,物置石,靴脱石,縁側,台石,石台,束石,キャラクター,ベンチ,名刺,カード